認定規約

旺龍堂では 2021 年から希望者を対象に《段位制》を導入するにあたり、【認定制度】を設けています。 

【認定制度】とは、各段位試験合格者のうち、希望される方について、旺龍堂として【伝承の認定】 を行う制度です(詳細は旺龍堂・段位制のページをご参照ください)。 

【伝承の認定】は、下記の《認定規約》をもとに面談を行わせて頂き、旺龍堂武術伝承者としての 技能的・人格的資質を考慮させて頂いた上で、正式に認定させて頂きます。

旺龍堂・認定規約

旺龍堂の認定を受ける者は下記の各項をよく理解し、実践しなくてはならない。

  1. 【武術の目的】
    武術の目的は、自己研鑽をとおして自らを向上し、自己の本質を理解し、自分らしさをもって自然 や社会と豊かに繋がってゆく事であると理解すること。
    (武術は格闘技能や健康増進の為だけではなく、人生を豊かにするものである)
  2. 【他者への敬意】
    他者を尊重し、周囲に対して気配りができること。
    (良好な人間関係をつくる)
  3. 【謙虚な姿勢】
    傲慢にならず謙虚であること。
    (謙虚さは自己の成長の原動力である)
  4. 【礼節の重視】
    礼儀正しくあること。
    (礼節を知ることは人生を美しくすることである)
  5. 【強さと優しさの両立】
    強さを求め、優しさを育むこと。
    (「挫けない心」と「思いやりの心」は自信と寛容を育み、自分と周囲に良い影響を与える)
  6. 【感謝の精神】
    感謝する心を常にもつこと。
    (感謝の心は自分を豊かにし、他者をも豊かにする)
お問い合わせはこちら

このページの先頭へ

中国伝統武術と健康法-形意拳・八卦掌・八卦養気法-