八卦掌


八卦掌・基本練習

 
“八卦掌”は、“太極拳”や“形意拳”と同じく、中国の“内家武術”~~気や内功(身体内部の力)を重視する武術門派~~の一つであり、巧妙な身体運用と健身効果を特徴とするものです。
その技は、よく身体を捻り、円周上を移動しながら、流れるような技を連綿と紡いでゆきます。
留まる事なく連続するその技はよく“龍”に例えられます。

八卦掌には次のような特徴的効果があります。

  1. 八卦掌を練習する事により、年齢性別に関係なく、“体軸の通ったシッカリとした身体”と“柔らかで素早い身のこなし”を身に付ける事ができます。
  2. リラックスした状態で身体をよく捻る事から、“気血”の流通がスムーズになり、足先から手先まで全身を通して血行が良くなり、健康増進に効果があります。
  3. 円周上を移動する“走圏”という練習を通じて、自己の精神を解放してゆき、精神的リラックス並びに爽快感を得る事ができます。
    自己の意識を円の中心に同化させる事により、心身を自由な状態にしてゆきます。

八卦掌の内容

旺龍堂にて指導する八卦掌は、諸派ある内の“九宮八卦掌”と呼ばれるものです。
柔らかで、しなやかな身体運用の中に、安定した力強さを兼ね備えた流派で、“内功(身体内部の力)”や“気”の運用を重視します。
在日の中国伝統武術家、“趙玉祥老師”直伝の伝統的八卦掌です。

  1. 馬歩站椿功・・・“馬歩”と称される両足を肩幅に開いた姿勢で立つ事を通じて、正しい姿勢を身に付け、また気の鍛錬を行います。
  2. 基本掌形練習・・・様々な掌の使い方を学びます。
  3. 定勢八掌(定歩)・・・歩は動かさず、その場において8種類の基本動作(下塌掌・托天掌・抱月掌・托槍掌・立樁掌・­揉球掌・陰陽魚掌・推磨掌)を学びます。
    体軸を通して身体をよく捻り、さらに、素早い転換動作を練習します。
  4. 定勢八掌(活歩)・・・円周上を独特の歩法で移動しながら、定歩で学んだ動作を行います。
    安定且つ円滑な重心移動と素早い方向転換を練習します。
  5. 九宮八卦掌・・・当流の本体であり、第一掌から第八掌までの8種の套路(型)で構成されています。
    各套路はそれぞれ8種の技法から構成されており、全て学ぶと64種の技法となります。
    いずれの套路も円周上を移動しながら行うものであり、高度な身体運用と、自由且つ旺盛な精神を育みます。
  6. 対練・・・二人一組になって行う相対練習法。
  7. 器械・・・“八卦刀”などの八卦掌の身体運用法を用いた武器術。

教室について

※カルチャースクール講座(池袋 月曜)は池袋コミュニティ・カレッジまでお申し込みください。
※カルチャースクール講座(八王子 月曜)はよみうりカルチャー八王子までお申し込みください。

お問い合わせはこちら

八卦掌動画

八卦刀

八卦掌・打法集


下塌掌

托天掌

抱月掌・内抱

抱月掌・外張

托槍掌

立樁掌

陰陽魚掌・前後

陰陽魚掌・左右

陰陽魚掌・上下

推磨掌

葉底蔵花
 

八卦掌・基本練習

Youtube動画 3spiritsryoken

お問い合わせはこちら

このページの先頭へ

中国伝統武術と健康法-形意拳・八卦掌・八卦養気法-